過払い金請求を行う際のポイント

subpage1

過払い金請求を行うには、弁護士や司法書士に依頼する場合と自分自身で行う方法があります。

教えて!gooをあなたに紹介致します。

それぞれ良い点やネックになる点があるので、順に整理していきます。

まず、弁護士ですが、一度依頼すると最後までお任せです。
ただし、支払い費用は一番高く、おおよそ、回収金額の20%程度といわれています。
次に司法書士ですが、一度依頼すると最後までお任せになるとは限りません。
司法書士は、140万円を超える民事事件において和解や代理業務を行うことができません。

ですから、過払い金の総額が140万円を超えることが判明した場合には、あらためて弁護士に依頼するか自分自身で処理しなければならなくなります。

ニコスの過払い金のことならこちらをご活用ください。

また、140万円以下でも貸金業者が裁判を起こした場合は、書類作成のサポートはできますが、法廷には本人が出席しなければならなくなります。



支払い費用は回収金額の20%以下といわれています。
最後に自分自身で過払い金を取り戻す場合ですが、費用に関しては、裁判にならなければコピーや通信費程度ですので、軽微なものです。

問題は全ての過程を本人で行わなければならないので、金融会社から取引履歴を請求したり、過払い金額を算定したり、最後に返還の請求をしたり、と行うことが色々あります。
会社員である場合は、平日に行わなければならないことが出てくるので、時間に余裕があったり、融通の付きやすい人でなければ難しいです。よって、まず、自分自身に時間があるかどうか、そして、過払い金の総額がいくらになるかがポイントになってきます。

知りたい情報

subpage2

消費者金融業者やクレジット会社に支払い過ぎてしまった利息のことを過払い金といいます。この過払い金については近年、法律事務所などのCMでよく耳にする言葉となっていますが、これまでにキャッシングやクレジットカードを利用した経験のある人にとっては決して無関係なことではありません。...

next

身に付けよう

subpage3

消費者金融などで借り入れをした方で、18・0%以上の利息で5年以上の借入れをしている場合には、過払い金が発生している場合が多いと言われており、その場合には、借り入れから10年以内に過払い金返還請求をすることが可能となっています。ご自身で請求することも可能ですが、専門知識も必要となりますので、一般的には法律事務所などに相談をして手続きをしてもらいます。...

next

過払い金の実態

subpage4

過払い金請求を債務整理と同じように考えている方は多いですが、実はまったくデメリットがないのです。債務整理をするとブラックリストに載ってしまうのは有名ですが、過払い金請求は載ることがありません。...

next

関連情報

subpage5

過払い金に関連する問題は貸金業法という法律の法改正によって完全に解決されています。過払い金問題が社会的な問題となったのはその問題を解決することができる法律的な根拠が存在していなかったからです。...

next