エステの光脱毛とはどんな方法なのか

脱毛エステで現在行われている主流の方法は光脱毛と呼ばれる方法です。

光脱毛はIPL脱毛やフラッシュ脱毛などと呼ばれる事もありますが、どれも意味は同じになります。この光脱毛がどのようにして脱毛するのかというと、調整された光をムダ毛に照射する事で脱毛します。単に光を照射するだけなので、基本的な取り扱い方さえ知っていればそこまで難しい技術は必要とせず、短時間で処理が終わります。そのために、それまで行われていた脱毛方法と比べて、コストが大分低く抑えられるようになったので、脱毛エステは大分低価格で受けられるようになりました。

光脱毛の仕組みについて、もう少し詳細に述べます。日本人の体毛は基本的に黒い色をしていますが、これはメラニンと呼ばれる成分が含まれているためです。光脱毛で用いる光というのは、このメラニン色素が反応する波長の光を用いています。メラニンに光が当たると熱を発生させるので、その熱が毛根にダメージを与える事で脱毛する事が出来ます。

熱を発生させる光を照射するのに周囲の肌には影響がないのは、波長や光の強さ、照射時間を調整する事によって肌が反応しないようにしているからです。だからこそ周辺の肌に光が当たらないようにする必要はなく、簡単に脱毛処理を行う事が出来るのです。光脱毛の登場はエステ業界を大きく変える出来事であり、施術時間やスタッフの技術教育の時間の短縮のおかげで脱毛エステが低価格で受けられるようになり、身近なものとなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *