美容室の求人の深刻な状況から脱するために

美容室の求人難が続いているこの頃ですが、美容室は全国的に増加傾向にあります。

その大半が、おひとりさま経営の状態であり、低賃金で長時間労働が当然の状況なので若い美容師を集めるのが難しいのが課題となっています。毎日10時間労働の他に、2時間超えの勉強会、休日でも講習会やコンテストへの参加など、精神的にゆとりがほとんどないのが現状です。さらに、求人情報を提供する側にとっても大変な苦労があり、数百の美容学校に格安で求人票を出すことでたくさんの学生へアピールすることもその一つです。

学校ごとに求人票の書き方が違っていて全てに求人票を出すのに時間と手間がかかります。サロンの良さを知ってもらうという苦労もあります。サロンはどんな雰囲気の職場で、どんな美容師さんが働いているかとか、賃金面、休暇面等を学生さんに気に入ってもらえるようにサロンのアピール力が必要です。そのために、積極的に美容室の就職説明会で相談コーナーを設置するなど、ブログで公開するなどしてサロンの魅力を知ってもらう必要があります。

サロンが美容学校の就職担当の先生とまめに連絡を取って、どんな学生が欲しいのかを積極的に伝えることも大切です。優秀な人材集めには、美容学校の情報を十分に取り入れながら、サロンの活性化を図り、若い美容師さん、中年の美容師さんを多く集めていくことが必要です。そのためには、サロンに来るお客さんの意見を聞いて、どんな美容師さんにやってもらいたいかの要望も参考にすることも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *