エステのメリットデメリット

昔は化粧品産業ともいわれるくらいメイクをして綺麗に見せる時代でしたが、だんだんと化粧品では限界があると感じ、エステに行く方も増えてきました。

ではエステは本当は綺麗にしてくれるのでしょうか?答えはイエスです。化粧品は表面の分野でのケアしかできません。なぜなら肌には「バリア機能」という機能があるからです。肌内部は神経や繊維などお肌にとって大切なものがたくさんあります。そのため、異物を入れないようにできています。だからこそ化粧品では綺麗に見せることができても綺麗にすることはできません。

一方エステは肌内部の血行ケアができます。だからこそ通い続ければ効果は得られます。簡単に言うと化粧品は食事のようなもので、エステは筋トレやウォーキングのようなものです。食事はとらなければ生きていけませんがバランスのよい食事が健康を作ります。しかし、運動をすることで風邪をひきにくい体力をつけることができます。しかし、この運動は続けなければ意味がありません。また、一か月に一回たくさんするよりも週に2~3回少しずつを行うことで初めて効果が出てきます。

つまり、エステも通うなら週に2~3回を継続的に行うことが効果的といえます。では、実際にそのペースで通っている方がどれくらいいるでしょうか。正直なところなかなかいないでしょう。そのことから、最近では家でする家電の美容器具が人気となっているというわけです。プロの手でしてもらうケアか家電で取り扱い説明書を見ながら行うかは私たち次第ですが、その両方できるサロンがあると理想的と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *