フェイシャルエステに向かない人

フェイシャルエステは体への施術よりも肌に優しいですが、人によっては施術後に赤みや痒みが出るのでカウンセリングで自分の肌質は伝えておきます。

アトピー性皮膚炎で定期的に皮膚科に通院しなければならない人は、主治医にフェイシャルエステを受けられるコンディションが確認します。サロンによっては医師の承諾書が必要で、安全であることを証明します。また妊娠中はエステに行くのは控えます。妊娠するとホルモンバランスが乱れて、肌質が変わることがあります。それまでは普通に使えていた化粧品が、妊娠して急に合わなくなったり、シミやシワが目立つようになります。

出産後に肌質が戻るので、施術は育児が落ち着いてからがベストです。つわりがひどい時は使用する薬剤の香りが気持ち悪くさせます。妊娠後期はお腹が大きくなって横になるのも大変です。無理な姿勢で腰や背中を痛めると、出産にも影響を及ぼします。中には妊婦を専門としたサロンがあるので、そのような施設では妊娠何ヶ月目かを伝えるだけで、妊婦の配慮した施術が受けられます。

ケロイド体質はフェイシャルエステに不向きです。ケロイド体質では、少し引っ掻いただけでミミズ腫れができる肌で、肌トラブルが発生しやすいです。エステティシャンは施術内容によっては、直接手を使いながら薬剤を塗ります。注意していてもお客の顔に爪が当たることがあり、ケロイド体質だと赤みが出るので責任問題となります。よって施術を断られやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *