過払い金請求にデメリットはなし

subpage01

過払い金請求を債務整理と同じように考えている方は多いですが、実はまったくデメリットがないのです。
債務整理をするとブラックリストに載ってしまうのは有名ですが、過払い金請求は載ることがありません。

教えて!gooについての情報をまとめたサイトです。

そもそも過払い金は借金ではなく、払いすぎた無効な利息なのです。
例えばグレーゾーン金利時代に借りており、無効金利を5%支払っていたなら、その分を取り戻すことができます。当時は27%などの高金利で借りていた方が多いですが、今は20%を超えたら違法になるので、過払い金請求をすれば少なくとも7%は回収できることになります。回収したお金は自分のモノですから、預金しようと消費しようと自由です。
弁護士に依頼をして報酬を支払っても、手元には数十万円以上のお金が残るのが普通です。返還請求をせずに時効を迎えてしまう状況が最も損だと認識しましょう。

現在、借金返済に悩んでいる方も、弁護士に相談してみる価値があります。

キャッシングやカードローンの利用者は、10年以上借りている方も少なくありません。

繰り返し利用できるローンなので、借りては返すというサイクルを繰り返してしまうのでしょう。

元金はそのままで、利息だけ支払っている方もいます。


こうした方が過払い金請求をすると、戻ってきた利息だけで借金をゼロにできることもあるのです。

レイクの過払い金のことならこちらのサイトにお任せください。

具体的にいくら戻ってくるかは、弁護士に相談して聞いてみましょう。


多くの場合において、自分が想像している以上の金額が戻ってくるものです。